にっくきシミ!消したいシミ!シミに悩まない人生を!

 

鏡を見た時にシミができているとなんだかぎくっとしてしまいますね。なんとかシミを消したい、と思うはずです。そもそもシミはなぜできるのでしょうか。

 

よく知られている原因としては、紫外線があります。肌に紫外線があたると、表皮のなかのメラノサイトがメラニン色素を作って紫外線をブロックしようとします。メラニンそのものは紫外線が皮膚の細胞を傷つけようとするのを防ぐために作られるんですね。

 

でも紫外線などの影響で皮膚細胞に異常がおこるとメラノサイトが活発なままとなりメラニンがたくさん作られてシミの原因になるのです。

 

またニキビなどの炎症が残ってしまってシミになるというケースもよくあるパターンです。皮膚に炎症がおこるとダメージを回復させようとして新しい細胞をつくろうとします。

 

が、メラノサイトも一緒に活性化させてしまいメラニン色素が多く作られてシミになるのです。ニキビだけでなく火傷や外傷、かぶれ、アレルギー、過度の摩擦など炎症にはいろんな原因があります。

 

このほかにも不規則な生活、睡眠不足、ストレス、偏った食生活などホルモンのバランスを崩したり、肌のターンオーバーを乱したりする原因はたくさんあります。肌への刺激が強すぎたり、正常なターンオーバーができなくなったりするとシミが発生するのです。

 

出来てしまったシミと消したい、せめて目立たなくしたい、と切実に思うものですね。まずは自分のシミの原因をただしくとらえることが必要になります。

 

紫外線への対策はしっかりとる必要があります。日焼け止めはムラなく塗って、汗を拭いた後にはこまめに塗りなおすことが必要です。お出かけの時には小さな日焼け止めを持って出かけるのもいいですね。

 

紫外線以外にも、肌を傷つけるような刺激を与えることや肌のターンオーバーを乱すことをできるだけ減らすように工夫するのがいいでしょう。健康な肌の状態を保つことがシミ対策としても重要なのです。

 

洗顔のときにあまりに洗浄力の強い洗顔料やクレンジングでゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと乾燥肌の原因になってしまいます。

 

ターンオーバーのリズムを保つためにも肌には適度な保湿が必要です。ストレスをため込まないようにしたり、しっかりと睡眠をとったりすることも大事な対策です。

 

食生活もとても重要なシミ対策になります。美肌のために有効として有名なのがビタミンC、β−カロテンやビタミンEですね。

 

みかんやいちごなどのフルーツ、かぼちゃやトマトやニンジンなど野菜を上手に取り入れるようにしましょう。

シミや黒ずみは病院で治療するといくらかかるの

毛穴のシミ的な目立ちが気になる場合、ざらつきや黒ずみ、開きのいずれかもしくは全部である場合がほとんどです。

 

それぞれによって原因は違いますが、セルフケアでは完全に解消するのがなかなか難しいので、美容皮膚科で専門家による毛穴の種類に適した治療を受けるのが効果的で即効性もありおすすめです。

 

治療の種類には、過剰な皮脂や古い角質が原因によるざらつきや黒ずみにとくに効果的で、酸性の薬剤を塗布して行う「ケミカルピーリング」、加齢や乾燥肌による縦長もしくは深い穴状の毛穴の開きに効果的な「フォトフェイシャル」や「レーザー治療」、毛穴の開きとシワが複合しさらに深く広範囲にわたった帯状毛穴に呼ばれる症状に特に効果的な「高周波治療」のほか、毛穴ひとつひとつにピーリングを行う「スポッツピール」、ガラス管を用いた「角栓除去」、ビタミンCやEを肌の奥まで浸透させる「イオン導入」などがあります。

 

治療によっては刺激や痛みを伴うこともあります。

 

一般的なおおよその目安としては「ケミカルピーリング」が10,000円〜20,000円、「フォトフェイシャル」が10,000〜50,000円、「レーザー治療」が10,000円〜60,000円、「高周波治療」が100,000円〜500,000万円、「スポッツピール」ガ5,000円〜30,000円、「角栓除去」が35,000〜70,000円、「イオン導入」が3,000円〜15,000円ほどです。

 

各1回の料金ですが、治療範囲や箇所によってかなりおおきく変わってきますし、毛穴の状態によっては回数が多くなる場合もあります。

 

美容皮膚科で治療を受ける際に理解しておきたいのは、まず毛穴治療はニキビや湿疹といった皮膚疾患とは違うため自由診療となるので、保険適用外で治療費がやや高額になりがちという点です。

 

クリニックよって回数や料金は異なりますし、複合的な治療や専用のホームケア用品を購入を奨められる場合もあるので、治療内容とともに料金に関してもしっかり確認し、納得してから治療を受けるようにしましょう。

 

また、最近はシミを消せる飲み薬もいろいろ登場してきました。中にはトランシーノシリーズのように肝斑のみに効くといった限定的なものも。肌に直接塗る薬や化粧品は以前の白斑問題など、どうしてもネガティブな印象を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

その点、薬やサプリメントはピンポイントに肌に塗るといった集中的な偏りがないうえ、身体の中からシミの原因を取り去ってくれる効果が期待できるので(とはいえ副作用には注意する必要がありますが)、効率的にシミを除去する方法として人気になっています。

 

シミを消せる飲み薬はいろいろあるので、ご自分の症状をきちんと見極めて最適な薬を選ぶ必要があります。以下のサイトは多くの情報が分かりやすくまとめられており、ベストな商品選びの参考になるのでおすすめですよ。

 

【参考サイト】シミを消す薬はこれ!やはり美白効果なら医薬品が有利