活性酸素の怖さと有効な対策について!

 

肌の老化を促進してしまう活性酸素をご存知でしょうか。活性酸素自体は元々、体内に侵入して悪さをする細菌などを排除してくれるという役割があるのですが、活性酸素の量が必要以上に増えた場合、健康的な細胞をも酸化させてしまい、結果的に老化を促進してしまうのです。

 

そこで注目されているのが、老化を促進する活性酸素を無害化させる効果を持ったフラーレンです。フラーレンは、炭素だけで形成されている物質であり、ビタミンCの150倍以上もの抗酸化能力を備えているため、老化予防にはうってつけといえます。

 

もたらしてくれる効果も、肌の色素沈着の予防、脂肪蓄積の予防、太陽の紫外線による細胞死の予防、シミ、ソバカスなどの予防など様々なものがあります。特にフラーレンの特徴の一つに長い持続性が挙げられます。

 

フラーレンと同じように抗酸化の作用をしてくれる成分にアスタキサンチンやコエンザイムQ10などがありますが、こういった成分は、体内に入っても効果を得られる時間は2〜3時間と非常に短い欠点があります。それに対してフラーレンはおよそ11時間もの持続性があるのです。

 

抗酸化に素晴らしい能力を発揮できるフラーレンは、もちろん化粧品にも応用されています。水と結びつきやすい水溶性フラーレンと、油と結びつきやすい油溶性フラーレンの2つを配合しているため、肌の隅々にまでフラーレン効果を浸透させることが出来るパーフェクトエイジストDXなどもその一つです。

 

京都大学と大阪市立大学の共同研究で生み出された新成分ナールスゲンも配合しており、乾燥しがちな肌の内部に水分を与えつつ、ハリやツヤをもたらしてくれるため、フラーレンの作用と相まって、大きな効果が期待出来ます。

 

他にもフラーレンを3%高配合し、洗顔の後に肌に塗るだけという2つのステップだけでフラーレンを肌に浸透させられるMACHIKOモイスチュアエッセンスなどもあります。ハチミツやヒアルロン酸、アルゲエキス、ワサビ根発酵エキスなど、16種類もの保湿成分も一緒に配合しているため、角質層にまで浸透して、非常に潤った肌を実現できます。

 

フラーレンを使った化粧品はたくさんありますが、自分の肌にあったもの、用途にあったものを選びましょう。