成長因子(EGF・FGF)の肌への効果について

成長因子は肌の状態をもどしたり、細胞をしっかり活性化させるために必要なものです。これが無ければ肌の状態が改善されることは無いため、しっかりと作りださなければなりません。

 

作りだすために必要な成分としては沢山ありますが、その中でも作りださなければならないのがEGFとFGFになります。

 

EGFは表面の部分を活性化させるために必要な成分となっており、これが無くなってしまうとしわが多くなってしまいます。ターンオーバーを活性化させる等の効果を持っており、皮膚の表面部分の入れ替えを行っているような成分となっています。不足することは当然活性化されない状態となるため、しわが増えてしまうこととなります。

 

FGFは反対に皮膚の内部を整えるための効果を持っています。皮膚の内部にある細胞であり、成長を促して皮膚を変えるように指示を出しています。これも失われることで一気に駄目になってしまうため、この2つについては成長因子として必要なものとなっています。

 

成長因子が活性化されることによって、皮膚に対してターンオーバーを活性化させることになります。駄目な部分をしっかり取り除く効果を持っているので、この成分がしっかりしていることは、皮膚の状態をよくすることに繋がっていきます。成長因子が整うことによって、適切な皮膚の構造が保たれることとなります。

 

EGFは表面部分に問題が起きることを防いでいるため、このような問題が出ている時はしっかりと改善を促して、予防や入れ替えといったことを行ってくれます。

 

FGFも必要なものであり、これが足りなくなってくると、中の部分がしっかりしなくなってしまいます。両方とも成長するために細胞を活性化させる効果を持っており、活性化させることによって皮膚をいい状態に保つ働きを持っています。

 

いい状態を保つためには成長因子の存在が必要不可欠となっているので、なるべく多く残しておかなければなりません。そしていい状態を保つことは、皮膚の成長がしっかり行われることとなります。